運勢アップにつながる接触呪術について

2020 2/21

みなさんは「接触呪術」というものをご存知ですか?
今回の一舞瀬おりの運勢豆知識は「接触呪術」についてご紹介していきます。
「接触呪術」とは、自分が大切にしているものを身につけるモノ、
アクセサリーやお洋服などは、着ていない、身につけていない時でもつながっている(つながっている)という考え方です。

目次

接触呪術とジェームズ・ブレイザーさん

スコットランド出身の社会人類学者であるジェームズ・フレイザーさんという方がいらっしゃいました。

1854年1月1日、スコットランドのグラスゴーで長老派教会の両親の間に生まれる。
1869年11月にグラスゴー大学に入学、ギリシア語とラテン語を専攻しました。
1873年12月にケンブリッジのトリニティ・カレッジに入学し、古典学の研究を開始し、E・B・タイラーの『原始文化』に出会い、
当時ケンブリッジ大学に在職していたロバートソン・スミスさんと出会ったことが大きなきっかけとなり、
古典学から人類学・民族学・神話学の方向へとジェームズさんは進まれていきました。

その後、ジェームズさんは畢生の大作『金枝篇』を完成させるために半生を費やし、
のちの研究者に大きな影響を与えました。

そんなジェームズ・ブレイザーさんが残した名言として

「世界は偉人たちの水準で生きることはできない」 

世界は偉人たちの水準で生きることができない。
なんとも含蓄のある言葉です。
世界は、偉人ではなく一般人の水準で回っていて
その他大勢の一般人の認識や基準がベースとなりやすい。というわけです。

話を戻しますと、そのジェームズ・フレイザーさんが提唱する「接触呪術」に
「自分の身に付けていたものは離れてもくっついているのと変わらない」という考え方があります。
それを接触呪術と言います。

「自分を大切にするってよく聞くけど出来ない」、という方はご自身の持ち物を大切にしてみるのはいかがでしょうか?

・着ている物を丁寧に手洗いしてみる👗
・アクセサリーを磨いてみる💍
・化粧道具を手入れしてみる💄などなど…

直接自分自身を大切にすることが難しい場合は、
「持ち物を大切にしてみることがご自身を愛すること」に繋がっていくのではないでしょうか🌈

みなさん、どうぞご自愛くださいね❣️

一舞瀬おり 一舞瀬おり
今回のまとめ
持ち物を大切にすることは、自分を大切にすることにつながります!

関連記事

コメント

コメントする

目次